最後の資本主義?

f:id:pekey:20170212225000j:plain

 

先週金曜日は日本株も大幅に反発しましたね。当ポートフォリオはインデックスを大きく下回る+0.9%(前日比)で週末を迎えました(泣)日米首脳会談も好スタートだったようですので、東京も週明けはポジティブな反応をするのではないでしょうか。

さて、本日のヴェリタスですが書評欄は『最後の資本主義』でした。コラムを読むに、ここ数年感じていたことがそのままズバリ書かれている気がして、これはぜひ読まねばと思いました。

 

「ここ数年感じていたこと」をちょっと文章にしておきます。

 

リーマンショック以来、先進国の中央銀行は大規模な金融緩和政策に舵を切りました。金融緩和、わかりにくい表現ですが、要するにカネをたくさん刷ろうということです。日銀もカネを大量に刷っていて、いま日本はおそらく歴史上一番カネが多い。

カネがたくさんあるのであれば、みんな使えるカネが増えるわけなので、たくさんモノを買う、はずです。カネがたくさんあるので借金もしやすくなり、金利も下がるから、借金しないと買えないような高額なもの、例えば住宅とかクルマとかも買いやすくなります。だから、「貨幣流通量を増やせば物価が上がる」と伝統的な経済学は考えていました。

ところが、このカネがうまくみんなの財布に落ちていかない。企業は先行きが不安なので従業員への還元にカネを使いません。従業員、つまり大多数の我々は、手取りは増えないし、老後は不安だし、そもそも必要なモノをもう持ってるし…ということでカネを使わない。ということで、日銀がカネを刷っても、そのカネはどこか上空でぐるぐるしているだけで、天下を回っていかないのです。

「日銀がカネを刷る」といっても、これは1万円札を刷ってバラマクわけではありません。バラマキであればみんなのお財布に直接入りますからね。そうではなく、「カネを刷る」とは、国債を買ったり株式を買ったり証券化された不動産を買ったり、あくまで間接的にマーケットにカネを流し込むということなのです。

ですが、前述のとおり、マーケットに流れたカネは、みんなの財布つまり実需に流れていかず、おおくのカネが上空でぐるぐるしているだけです。だから、世の中の大多数の人は金融緩和をしてもその恩恵なんてまったく感じません。

もちろん、金融緩和による効果をむちゃくちゃ受けている人もいます。それはマーケットに関係している人です。それは投資家たちであり、投資家相手に商売をしている不動産屋さんたちです。こう考えると金融緩和によって富裕層に富が偏るのは至極最もですが、マーケットに入ってさえいれば恩恵を受けることができます。

簡単に言えば投資をしないと損です。

さて、問題はなぜこんなことになってしまったのか?ということです。私はこれが「最後の資本主義」なのかなぁって思っています。だってカネを刷っても誰もモノを買わないんですよ。供給はたくさんあるんですけど需要がないんです。

私は、この最大の要因は「人類は十分豊かになって満足してしまった」ということなのではないか、と思います。だって、いまの世の中で衣食住だけ簡素に、最低限の暮らしでいいやと思えば、ホント低コストに生きれます。

経済の主力がサービスになって、特に都市圏では人々の欲望を満たす超高度でニッチなサービスが誕生しています。逆に言うと、そこまでしないと、もう私たちに強力な欲求は無いのかもしれない。

そう考えると、この終わらないデフレは誰のせいでもなくて、人類が技術革新を続けて生産性が高まり続けた結果なのでは、と思います。

普通に生活しているとまったく気がつかないんですけど、実は私たちはいま人類が経験したことのない資本主義の最先端にいるのかもな。ここ最近、よくそう思います。

 

2/9 株式投資のススメ

f:id:pekey:20170209230149p:plain

前日比 +0.0%

ぺけじ 17,617,851 +0.0%
TOPIX 1,513.55 -0.7%
N225 18,907.67 -0.5%


株は何年やっても飽きない

本日、当ポートフォリオは動きがなく前日比+0.0%でした。仕事も忙しく、場中に相場を確認することなく、気がつけば引けてる始末。兼業にありがちな一日です。

今日はなにもなかったので、株式投資がどれだけ楽しいか、少し書いておきましょう。株を始めてから8年になりますが、まったく飽きない。一番好きなのは、朝9時の寄り付きの株価を確認するときです。毎朝、行きつけの喫茶店でコーヒーを飲みながら、相場を確認します。アプリを開く瞬間のあのドキドキ・ワクワクは何年たった今もまったく色褪せません。

それから、週末の半日は同じく喫茶店で日経ヴェリタスや雑誌を熟読します。私の投資方法は完全にフィーリングですが、たとえ感覚的な判断であっても、その裏付けは蓄積された脳内の知識でしょうから、自分で必要か/必要でないかの判断をせず様々なものに目を通すこと、世の中の色んなことを考えることが重要だと思っています。

幸い、私は読書や時事ネタが大好きなので、株式投資は趣味を実益に変えることができる本当に素晴らしい手段です。いずれ投資情報誌を備え付けたカフェを経営することが、人生でやりたいことの一つです。

 

買い

ピクスタ(3416)

 

売り

弁護士ドットコム(6027) / 利確

2/8 ローツェが好決算

f:id:pekey:20170208214527p:plain

前日比 +0.4%

ぺけじ 17,611,513 +0.4%
TOPIX 1,524.15 +0.5%
N225 19,007.60 +0.5%


好決算株の明日に期待

昨日は大幅な下落だったのですが、他の証券口座で持っていたGMO(9449)が急落していたことを本日気が付きました。GMOは業績堅調なので心配がなく、気長にホールドしようと思っています。

本日は、買い増す予定のない中途半端な保有銘柄を売却。家賃保証が主力のジェイリース(7187)は高齢化に伴い需要が伸びると思いますが、今ではないかも、と思い利確。

名村造船(7014)は時価総額以上の現預金を保有しており、PBR0.5ぐらいのBS割安銘柄です。造船は市況が最悪で今後も成長を感じませんが、豊富すぎる資金量がなにかを感じさせるために保有。昨年も稼がせていただいた銘柄でしたが、再び割安感があったので買い増しを検討していました。が、こちらも優先度低と判断し、ひとまず整理します。

本日はローツェ(6323)が好決算&増配を発表。ローツェ(6323)は昨年の急落で拾って、長く苦しいホールド期間でしたが、まあ報われたかな。このタイミングで残株を売却しようかと思っています。ソフトバンク(9984)も好決算。明日は期待です。

 

買い

ソフトバンク(9984)

 

売り

ジェイリース(7187)

名村造船所(7014)

2/7 地味に今年最大の調整

f:id:pekey:20170207221734p:plain

前日比 -1.4%

【ぺけじ】 17,548,363 / -1.4%

【TOPIX】 1,516.15 / -0.3%

【N225】 18,910.78 / -0.3%

 

地味に今年最大の調整…

本日の当ポートフォリオは-1.4%と今年最大の調整となりました。日中、忙しく場を気にできなかったのですが、引けてみたら…ガーン…。保有株が軒並み下落する最悪の展開でした。2月は潮目が変わりましたね。様子を見て押し目買いしたいと思います。

 

買い

なし

 

売り

なし

2/6 銀行株が急騰

f:id:pekey:20170206220058p:plain

前日比 +0.4%

【ぺけじ】 17,790,932 / +0.4%

【TOPIX】 1,520.42 / +0.4%

【N225】 18,976.71 / +0.3%

 

銀行株が急騰

トランプが銀行の規制を緩和する大統領令に署名したとかで銀行株がNYでも東京でも急騰。保有していたBTMU(8306)を761円で売却しました。もう一声上がると思いましたが、ポートフォリオの整理を優先しました。

パフォーマンスは+0.4%とTOPIXと同じ。15%ほどキャッシュがあるので保有株の上昇率は市場平均より良いですが、いまいち爆発しません。昨年は、ヤーマンやフリークアウトなど超成長銘柄に集中投資ができましたが、今年はイマイチ予感がする銘柄に出会えません。

 

買い

Hamee(3134) / 短期保有

 

売り

BTMU(8306) / 利確

感想:『株が上がっても下がってもしっかり稼ぐ投資のルール』 大田忠

f:id:pekey:20170205215326j:plain

 

月1冊は投資本を読むようにしています。

運用成績に直接関係しているかはわかりません。ですが、モチベーションを保てたり、忘れがちな知識の再確認になります。1月は『株が上がっても下がってもしっかり稼ぐ投資のルール』 (大田忠/日経ビジネス文庫)を読みました。

 

これ良かったです。

株の本は、理論系(アナリストに多い)と感覚系(個人投資家に多い)に分かれる傾向がありますが、この本はうまく両者を取ってます。

特に企業分析のカテゴリーが良かったですね。太田さんが株式アナリスト出身ということもあって、「投資をしてはいけないダメ株」の見極め方など、なるほどなと感心しました。以下10か条。

 

1.ビジネスモデルそのものが崩壊

2.甘い見通し、甘い予想

3.事業の間違った多角化

4.社名変更

5.株主との利益相反を平気で行う会社

6.瞬間的好環境に現れる雨後の竹の子企業

7.IPOをゴールとする経営者

8.監査法人の交代

9.地方取引所上場企業

10.自叙伝的出版物を出す会社

 

瞬間的好環境に現れる雨後の竹の子企業!たくさん散見される気が…。AI、Fintech、IoT、IRだけが上手な会社たくさんありますよね。

それでも、IPOをゴールとする経営者よりはましかも。こちらもたくさんありますが、最近だとベイカレントとか本当に酷かったですからね

 

詳細は買ってお読みください。

株が上がっても下がってもしっかり稼ぐ投資のルール ?バイ・アンド・ホールドを超えて (日経ビジネス人文庫)

株が上がっても下がってもしっかり稼ぐ投資のルール ?バイ・アンド・ホールドを超えて (日経ビジネス人文庫)

 

 

2/3 任天堂が反発 など

f:id:pekey:20170204223202p:plain

前日比 +0.8%

【ぺけじ】 17,720,256 / +0.8%

【TOPIX】 1,514.99 / +0.3%

【N225】 18,918.20 / +0.0%

 

波乱の一週間を終えて

トランプリスクを抱えた金曜日の割に、TOPIXも下げませんでしたね。当ポートフォリオは小幅に反発し、前日比 +14万円 ほどで一週間を終えました。2016年11月からトランプ相場にうまく乗れて、この3ヵ月は平均+100万円の増加幅でしたが、2月は潮目が変わる予感がします…。

本日は任天堂(7974)が反発。フリークアウトが思ったより伸びませんでした。フリークアウトは2016年も大きく稼がせて貰った銘柄。昨年は短期売買を繰り返しましたが、最近の決算を見るにホンモノ感がぷんぷん漂っていて、長期保有しても良いのかも、なんて思っています。

来週の目標はリバランス!一点です。トランプが銀行規制緩和を発令したというニュース。トランプ相場で積み残していた三菱UFJ(8346)もついに処分の時が。逆に新興銘柄は辛くなってしまうかなぁ。方針を立てるのが難しい相場です。

 

買い

Hamee(3134)  / 短期保有

 

売り

大和冷機(6459) / 利確